口述試験に向けて模擬面接を行います。

中小企業診断士が読みたい雑誌(1)
戦略経営者
中小企業診断士が読みたい雑誌(2)
日経トップリーダー
この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

中小企業診断士2次筆記試験の合格発表が行われました。
合格された皆様、おめでとうございます!
ここまでの苦労が報われた瞬間ではないでしょうか ^ ^
今年の合格率は18.3%。合格率は例年通りという感じでしたが、合格者の数1,605人とかなり多かったです。

とはいえ、試験はこれで終わりではありません。
最後に口述試験が待っています。落ちない試験と言われてはいますが、しっかりとした準備は必要です。

口述試験は筆記試験で出題された事例企業から、その内容に沿って質問されます。
1つの質問に対して2分程度で回答。とにかくポイントは「間を空けないということ」。

面接官:「XXXXについて説明してください」
受験者:「・・・・」

この状況が一番ダメです。
頭が真っ白になって何も答えられないと不合格がチラつきます。
正解が何かは置いておき、「XXXについては、○○で・・・・」となんとか事例企業のことを思い出し、2分程度お話を続けることができれば、無事に合格できます。

そのためにはどのような準備が必要か。やることはたった2つだけです。

「事例企業についてしっかり頭の中に叩き込むこと」
「練習を何度もすること」

1次試験、2次試験で本当にいろんなことをしてきた方からすれば、大したことではありません。

この中で「練習を何度もすること」については、例えば家族の方に面接官になってもらい質問をしてもらって答える練習をする、さまざまな受験生支援団体が実施する模擬面接を実施する、などが挙げられます。

毎年様々な支援団体や予備校が実施していますが、今年は私たち「中小企業診断士のための実践コンサル塾」でも模擬面接を実施することにいたしました。
Zoomで実施しますので全国どこからでも参加できます。
練習は何度やってもやりすぎということはありませんので、練習の1つとしてぜひ模擬面接にご参加ください。
早速、明日15日と明後日16日に開催いたします。
明日に模擬面接なんてまだ準備できていないから無理!と思われるかもしれませんが、準備できてなくても全く問題ございません。
とりあえず模擬面接を受けていただいて、何を準備したらいいのかを身をもって知ってください。
模擬面接はうまくできることが目的ではなく、口述試験がどのようなものなのかを身をもって知ってもらうことにあります。

ですので、筆記試験に合格したなら、何も気にせずまずはお気軽に模擬面接を受けてみてください!!

詳細は以下のサイトに記載していますのでぜひご覧ください。参加いただいた方には、「想定問答集」もプレゼントいたします!
先着50名となっていますので、お早めにお申し込みください。
模擬面接の詳細はこちら

同時に実務補習の申し込みも忘れずに!
今年は口述試験の結果発表までも申し込みができるスケジュールになってます。
実務補習については、中小企業診断士協会のWebサイトをご覧ください。

The following two tabs change content below.
中小企業診断士・マーケティングプロデューサー 2012年04月に中小企業診断士登録、2013年04月に独立。2014年10月に株式会社コムラッドファームジャパンを設立し代表取締役に就任。 会社経営に加えコンサルタントとして中小企業の売上アップを支援するとともに、稼げる中小企業診断士の育成に力を入れる。TACにて中小企業診断士講座の専任講師も担当している。個人ブログ「神保町で働く中小企業診断士&社長のブログ」も更新中!

関連記事

  1. 新型コロナウイルス感染症への対応について

  2. あけましておめでとうございます。

  3. 中小企業診断士2次試験「口述試験」の模擬面接を行います。

  4. 中小企業診断士のための実践コンサル塾のサイトをオープンいたしました。