7月20日は中小企業の日

中小企業診断士が読みたい雑誌(1)
戦略経営者
中小企業診断士が読みたい雑誌(2)
日経トップリーダー
この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

こんばんは。

みなさまは今年の7月20日が「中小企業の日」であるというのはご存知だったでしょうか。

1963年7月20日に中小企業基本法が公布・施行されたことにちなみ、同日が記念日とされました。
ちなみに、7月の1ヶ月間を「中小企業魅力発信月間」とすることも決定され、様々な中小企業支援関連団体にて関連行事が開催されるそうです。

そもそも「中小企業の日」って何っていう話なのですが、中小企業庁のWebサイトから引用すると

 中小企業の日とは、中小企業・小規模事業者の存在意義や魅力等に関する正しい理解を広く醸成する機会を国民運動として提供していくため、定められた期間において、官民で集中的に中小企業・小規模事業者に関連するイベント等を開催する取組です。

とあります。

具体的にどんなイベントをするのかと、イベントリストを確認してみると・・・
 
 ・「2019年版中小企業白書・小規模企業白書」及び「ものづくり基盤技術の振興 施策(ものづくり白書)」説明会
 ・キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)説明会(レジ補助金に ついても説明)
 ・創業塾
 ・パキスタン大手繊維企業との交流・商談会
 …などなど、7月に開催されるテーマを見る限り、もともと中小企業向けセミナーやイベントを関連付けたという感じでした。

ただ、約150以上のイベントがこうして1つの方向性のもと開かれるというのはいいことなのかなとは思います。

今年からスタートした試みですので、今年はこんな感じで仕方ないかなと思いますが、来年はもっと大々的に周知していただいて注目度の高いイベントに繋がるといいですね。
中小企業診断士として、取り組みの動向はウオッチしていきたいと思います。

引用:中小企業庁サイト「中小企業の日 ~7月20日は「中小企業の日」・7月は「中小企業魅力発信月間」~

The following two tabs change content below.
中小企業診断士・マーケティングプロデューサー 2012年04月に中小企業診断士登録、2013年04月に独立。2014年10月に株式会社コムラッドファームジャパンを設立し代表取締役に就任。 会社経営に加えコンサルタントとして中小企業の売上アップを支援するとともに、稼げる中小企業診断士の育成に力を入れる。TACにて中小企業診断士講座の専任講師も担当している。個人ブログ「神保町で働く中小企業診断士&社長のブログ」も更新中!