中小企業診断士の制度見直しが図られます。

中小企業診断士が読みたい雑誌(1)
戦略経営者
中小企業診断士が読みたい雑誌(2)
日経トップリーダー
この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

大変ご無沙汰しております。
久々のコラム更新となりました。

コロナ禍の中で、弊社の仕事の仕方や内容も色々と変化がありまして、このサイトの更新が滞ってしまいました。
また、中小企業診断士のみなさま向けへの情報発信やサービス提供も再開していきたいと思います。
実務従事サービスも完全に新規案件が停止しておりましたが、こちらも再開していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

今日は、本日の日刊工業新聞の1面から。

【企業庁、中小診断士制度を見直し 1次試験合格者に新名称】
経済産業省・中小企業庁は、中小企業診断士制度の見直しに乗り出す。
(引用:日刊工業新聞 2021/03/30 1面より)

今回の見直しは、20年10月の経済財政諮問会議で中小企業診断士の有効活用について提言があり、それを受けての内容となるようです。
今回のポイントは2つあって以下の通り。

  1. 1次試験合格者に新名称が与えられる
  2. 合格後の理論研修で専門知識の習得に関する研修を終えた受講者に専門性を示す名称が与えられる

1については、「中小企業診断士補」みたいな名前になるのでしょうか。
科目合格者に対しても新しい名称を与えるとあるので、これに「財務会計専門」とかがさらに付くのかも。
だからどうだ、、、っていう話はありますが、受験生の裾野を広げる役割はありそうですね。

また、合格後の診断士に専門性を示す名称を与える案も、どのような研修をやるのかにもよりますが、対外的なPRにはなるのではないでしょうか。

今回の制度見直しが中小企業診断士そのものの何かを変えるまではありませんが、こうして新聞の1面を飾るなどして中小企業診断士の名前が世に出るのはいいことなのではないでしょうか。

新聞の中にも記載されていましたが「診断士に求められる専門性は高まっている」とのこと。
ぜひ専門性の高い診断士目指して精進していきましょう!

それでは。

The following two tabs change content below.
中小企業診断士・マーケティングプロデューサー 2012年04月に中小企業診断士登録、2013年04月に独立。2014年10月に株式会社コムラッドファームジャパンを設立し代表取締役に就任。 会社経営に加えコンサルタントとして中小企業の売上アップを支援するとともに、稼げる中小企業診断士の育成に力を入れる。TACにて中小企業診断士講座の専任講師も担当している。個人ブログ「神保町で働く中小企業診断士&社長のブログ」も更新中!

関連記事

  1. 公的機関からの仕事の取り方